概要
歴史の果てまで、貫く忠義。

安寧の日々は灰燼に帰したー。
黎明から二千年、一系の皇帝により統治されてきた皇国は夷狄の手に落ちた。
当たり前だったものが次々と崩れていく毎日。
時代の奔流に弄ばれながらも、人々は逞しく未来を探し続ける。

たった一人残された帝位承継者≪宮国朱璃≫は力を求めていた。
仇敵を排除し、この国を取り戻さなくてはならない。
過去を失った武人≪鴇田宗仁≫は主を求めていた。
鍛え上げられた白刃は、忠義のために振るわれねばならない。

その日、運命に導かれ、二人は出会う。
往く先にあるのは失意か祝福か。
答えを知る者はどこにもいない。


ツイート