bandicam 2014-03-23 14-26-56-409

無題
Name 名無し 14/03/22(土)13:59:15 No.1094914

1395464355482

原作のほうがはじけてるのな


無題 Name 名無し 14/03/22(土)14:04:14 No.1094917

こういう時の評価に堪えない描写をみると
いかにラノベが消耗品かがわかる



無題 Name 名無し 14/03/22(土)14:54:40 No.1094934

その消耗品に若年読者層をあっさり奪われる
古典SFとか立場ないっすよ


無題 Name 名無し 14/03/22(土)15:05:55 No.1094940

古典SFなんてもう誰も見向きもしない。悲しい)
とは言え、萌え挿絵にして生き残ってほしいわけでもない



引用元
http://dat.2chan.net/img2/res/1094914.htm
ツイート


無題 Name 名無し 14/03/22(土)14:38:59 No.1094931

こういったのは電子書籍ではどう表現されているのだろう


無題 Name 名無し 14/03/22(土)15:24:13 No.1094948

>いかにラノベが消耗品かがわかる

商業娯楽と言うのはそう言う物だよ
古典SFだってラノペと同じ様に商業娯楽に過ぎないし
有難がってるのはごく一部で大抵の人は見向きもしないよ



無題 Name 名無し 14/03/22(土)16:32:04 No.1094994

>>古典SFなんてもう誰も見向きもしない。悲しい)

色々なマンガやアニメやラノベでパクリ、
いやオマージュされて生き続けるからええやん


無題 Name 名無し 14/03/22(土)16:34:45 No.1094998

最近のラノベはもうどんどん読み捨てられるものと割り切って書かれてるような作品多いな
作者もそんなに思い入れて書いてない感がありありと伝わってくる



無題 Name 名無し 14/03/22(土)16:35:19 No.1095000

所十三を評価すればいいんだな


無題 Name 名無し 14/03/22(土)16:35:33 No.1095001

そもそも古典しか見てもらえないSFと、新しいモノがどんどん出てくるラノベ、
どっちが文化として活気があるといえるのか?


無題 Name 名無し 14/03/22(土)16:40:19 No.1095004

SFに限っていえば、もう「ジャンル」でなく「要素」になっちゃったからね



無題 Name 名無し 14/03/22(土)16:52:14 No.1095022

今じゃ携帯とパソコンの短文ばかりで
このラノベみたいな文章ばかり書かれてるからなあ
まともな長文を書いたらキモいという返しをされるだけ
古典SFなんて売れるはずがない


無題 Name 名無し 14/03/22(土)17:02:42 No.1095035

>まともな長文を書いたらキモいという返しをされるだけ

読者層が若くて数も多いから下手なSFマニア老害よりも
物書きへのダメージは大きいかもしれんね



無題 Name 名無し 14/03/22(土)17:11:50 No.1095043

>読者層が若くて数も多いから下手なSFマニア老害よりも
>物書きへのダメージは大きいかもしれんね


ラノベも一昔前まではスレ画ほど酷くはなかったんだけどね
すてプリとかフルメタとか、まがりなりにも文章表現や技法をこなしていた
きちんと文章で場の空気や背景、人物の心理描写を細かく描写していたよ


無題 Name 名無し 14/03/22(土)17:21:03 No.1095052

結果こういう表現スタイルが増えたのは、
それが時代のニーズに合ったからなんであって、ニーズに合わなきゃ淘汰されるだけ。
そもそもラノベ自体そういう流れで生きてきたジャンルでしょ。



無題 Name 名無し 14/03/22(土)16:56:07 No.1095027

元ネタ分からないと楽しめないというのは辛いよね
ネタが分からないと滑るだけという



無題 Name 名無し 14/03/22(土)17:05:28 No.1095038

昔は普通の小説も空想物として描いているから幼稚と言われていた
それが今では高尚な文化表現として認められるようになった

文化に対する評価や認識なんてそんなもの

食文化でいうなら昔はマグロのトロは脂身が多くてマズイというのが一般的で廃棄していた
それが今では最高級食材として何万円もするようになった



無題 Name 名無し 14/03/22(土)17:26:03 No.1095058

アニメでやれれば理想。でもまあそれはほぼ無理だから
せめてマンガで描くべきものなんだが、
その手間すらも惜しんだ簡易コンテンツという認識。

もちろん作家にもよるが

無題 Name 名無し 14/03/22(土)17:28:49 No.1095062

このページだけでは分からないけど、前ページに
詳細な描写があって、その際に交わした会話は
こうだ的な流れなら台詞のみの列記でも問題ないな
俺的には苦手だが


無題 Name 名無し 14/03/22(土)18:17:59 No.1095093

元ネタは知らずとも
なんとなく「こういう作品が他にあって
それのパロディなんだろうな」ってのは窺えるから
それで充分楽しめるんじゃないかな